飲酒運転の交通事故

飲酒運転と酒気帯び運転の違いについてご存じですか。
酒気帯び運転の場合は呼気中のアルコール濃度0.15mg/リットルとされ、飲酒運転とはアルコールの影響で意識がはっきりせず、コントロールが極めて困難な状態での運転を言います。
実際、多少のビール程度でコントロール不能になるケースは少ないものの、飲酒に対するドライバーの危機意識を高める必要はあるでしょう。
自分は大丈夫だと思う人程危険なのです。
事実、飲酒量と交通事故の発生率は比例しており、飲んだら乗らないという意識の強化は必須です。


近年、薬物運転による事故も多発しており、車に乗る資格の無いドライバーに対する世間の怒りが沸騰しています。
悪質な事故が頻発することにより、法改正がたびたび行われ、昔に比べて道路交通法はかなり厳しい内容となっているのは確かです。


配送業など、従業員にトラック運転手を多く雇用している場合は、自社でアルコール検知器を購入し、ドライバー管理を徹底するなど、酒気帯び運転防止対策は義務付けられています。
また、健康機器メーカが使い勝手の良いアルコール検知器を開発・販売するなど、飲酒運転に対する意識の向上は、ビジネスにも反映されています。
量販店やネットでも簡単に購入することが出来、飲酒後時間が経っているとは言え、運転するのが不安な場合のチェッカーとしても重用されています。


このサイトでは酒気帯び運転による交通事故の実態と刑罰等ついてご紹介することで、ドライバーの皆様の安全運転への一助となれば幸いです。

Copyright © 2014 酒気帯び運転で交通事故を起こした場合 All Rights Reserved.